着用の理由について

安全性を高め守ってくれる

作業服は触れただけでもわかるように、厚い素材を使った頑丈な服装です。一般的な洋服では薄く頑丈さに欠けますが、作業服ならそんな心配も無用です。作業服が活躍する職場はたくさんありますが、どんな職場でも共通して自分を守る働きをしてくれるのです。特に作業現場で怖いのは、衣服の一部が引っかかってしまい、大きな事故に巻き込まれてしまうことです。作業服はそんな危険性を排除するためにファスナーなどを極力使わず、服の何処かが引っかからないよう工夫されています。ちょっとしたミスや不注意が命の危険に関わることもある作業現場において、機能性に優れていながらもシンプルなデザインをしている作業服は必要不可欠な存在なのです。

運動機能に優れ快適に過ごせる

作業服と名がついているだけあって、体を動かす際極力邪魔にならないよう設計されています。普通の洋服では体の動きを邪魔したり、通気性が悪かったりと基本的に運動には向いていません。スポーツ用の服装では肌の露出面が多かったりと作業現場には適していないでしょう。作業服は一見分厚く通気性が悪く見えるかもしれませんが、その実しっかりと空気の循環が行えるよう設計されているのです。また、中にはファンが内蔵されている作業服も開発されています。新しい技術ではありますが、夏場猛暑が続く日本において今後必要性を増してくる作業服かもしれません。このように、高い運動機能を誇り通気性など快適な状態でいつでも過ごせるメリットが大きいのです。